片付け

こないだうちで忘年会やったけど
あまりに汚いのが恥ずかしくて。

仲間が片付けたりしたのを聞いて
私もやろう!と
やっとおしりに火がついた。

少しスッキリした
子ども部屋。

実家に帰って
おせちの手伝いせずに
ごめんなさい。

丸一日かかって疲れたー。

IMG_5677.JPG

玄米もち

フリースクール活動場所で
ボランティアスタッフ家族さんと
おもちつき。

IMG_5637-0.JPG

味わい深くて大好きな
玄米もちを
ついてもらいました。

IMG_5649.JPG

IMG_5650.JPG

IMG_5638.JPG

近くに咲いてた
ヨモギと
タンポポを
友達がわけてくれました。

玄米ヨモギもち
玄米タンポポもち

新しい味わい。

朝9時半から夕方4時半まで。

昨日の今日で
しんどかったけど
日本の年の瀬を感じられて
うれしかった。

IMG_5664.JPG</

IMG_5633.JPG

IMG_5651.JPG

忘年会

木のねっこ忘年会。
今日は家族も一緒に。

ボラスタさんちでやる予定が
都合でできなくなり、
急きょうちで!

大急ぎでざっくり片付け
お料理。

持ち寄りなので、
ライスコロッケと
玄米おにぎりと
母のたくあんを出しました。

そのほかに、
アップルパイもどきや、
焼き菓子も作って
鍋の下準備。

2時ごろからみんな来てくれました。
まずははるみちゃんとカンパーイ!
スパゲティに炊き込みごはん!
そして、有機ワイン。おいしー。

昨日食べ過ぎたのを忘れ
またまた食べまくる私。

しばらくして
もう1家族さんと、
みかちゃん一家が来てくれました。

IMG_5608.JPG

IMG_5615-0.JPG

おからベジまん、おいしかったー!

IMG_5609-0.JPG
ほかには野菜鍋に
ラーメン入れて。

みかちゃんは、ナッツとかたくさん入ったかぼちゃおさつサラダ。
お芋ごはん。
優しいおいしさ!

お酒は
自家製日本酒梅酒の野草茶割り!
なんだかマニアックですが、
飲みやすいです。

いも焼酎ももらいました。

夜9時過ぎのお開きまで
飲んで食べて笑って飲んで。

こどももテンション高く
けたけた笑っておりました。

にぎやかな会話を
そばでぼんやり眺めるのが
好きなわたしです。

いい忘年会。楽しかったなぁ。

みんな良いお年を!!

IMG_5672-0.JPG

シャー

蜘蛛の巣テープ

ひい、曰く
神楽のシャー!

これをサンタさんにもらってから
やりたくてやりたくてたまらなくて、

IMG_5607.JPG
念願のシャー!!

実家で餅つき

実家で餅つき

IMG_5596.JPG

IMG_5595.JPG
まきを炊いて餅米を蒸して
餅つき機でついて
丸めます。

IMG_5593.JPG
餅とり粉をつける前に
とったつきたて餅を
自家製ポン酢の大根おろし和えに入れて
食べるのが、
毎年の楽しみです。

今年はバリエーション豊富で
お姉さんが
枝豆を擦ってずんだ餅を作ってくださいました。

IMG_5594.JPG

紫芋餅は色鮮やか。
ふうの顔が大変なことに。

みい曰く
ようかいベロンベロン。

IMG_5599.JPG

IMG_5598.JPG

あー!お腹いっぱい!!

ブレイクタイム

トムとジェリー展終わり
人の多さと自然のなさと
自由にできないストレスから解放されたくて
すぐに帰りたかったんだけど。

せっかく
アストラムラインのお金払ったのに
イマイチがっかりだった
トムとジェリーだけで帰るのはもったいないなぁと
オバタリアン根性がむにゅっとむきだしてきて、

喫茶さえきで
一休みしたいなーと
こどもらも引き連れ
行きました。

IMG_5580.JPG
ふう、何か書きたいから
紙とペンをかせって。

IMG_5581-0.JPG

注文した
ミニキャロブマフィンが到着!

ホットを頼んだらあったかいのきた。

おいしい!ココナッツパウダーかな。香ばしい。

そして車麩のカツバーガー!!
食べたかったの。
前にはるみちゃんと食べたんだけど。

今日は四人でわけっこ。

あー、一つをがぶっといきたかった。
いつか。いつの日か。
ここで一人一つずつバーガー食べれますように。

IMG_5582.JPG

IMG_5583.JPG

で、ふうのが書きあがりました。

IMG_5585.JPG

IMG_5586.JPG

シュール!
テーブルに置かれた品の数々。

いい味でてますな。
なぜこれらを書こうとしたのか。
それもまた謎。

IMG_5587.JPGそんなこんなのアストラムの旅が終わりました。

朝はひっそりとした里山でしめ縄。
午後は暮れの人混みの街。
なんとまぁ、対照的な場所へ行ったり来たり。

私は里山がいいな。

他を味わうと、余計にそう思えます。