オバマ来広を後にして、一考

オバマさん、来広。

その意図は??

 

来広にあたり、どれだけ警備などに費用が費やされたのか。

伊勢志摩サミットでは予算総額600億円のうち、警備費用は340億円。

オバマ来広では、サミット以上の警備があったというのだから、費用もおそらく相当な金額だったろう。

 

その費用や人的エネルギーを、もっと緊急に日本に必要としているところへ費やした方が賢明なのではないか、と思ってしまう。

 

そのお金やパワーが、震災、教育、弱者といわれる人々の本当の支援に使われたなら…

 

お金だけの問題じゃない。

 

このオバマ来広で、原爆のあったヒロシマが、原爆で失った命が注目されたのは事実としてあると思う。

 

それが果たして、核の廃絶やこれから7代先の未来を考え、皆が生きていくことにつながっていくのだろうか。

 

それは一人一人の意識と行動にしか表せられないと思う。

 

表面的に騒ぎ立てるより、もっと深くをみないと、日本の未来は、危ういと感じる。

 

内海聡医師のFacebook記事より

↓↓

オバマの嘘

アベシが息を吐くように嘘を吐くのはもはや常識ですが、アホンジンは決して反省し真実をみるということもしないのは常識です。騙されるというアホっぷりにおいてもはやアホンジン以上の民族は存在せず、まさにそれはちょっと前の広島の、オバマのインチキスピーチによって顕在化してしまいました。ホントにアホンジンって漫画ワンピースの小人以下ですね。

オバマの嘘と詐欺師ぶり、そしてそうでないがら雄弁に人を騙す能力は、アメリカでもずっと指摘されています。アメリカ・シカゴのラジオパーソナリティで作家のスティーブン・レンドマン氏が、「オバマ大統領が核兵器の反対者を自称していることは、恥ずべき嘘以外の何ものでもない」と述べています。スピーチが素晴らしいとか誰でも出来ることですけどね。

日本人の情弱層はもとより、自称知っているとか覚醒層という名のアホたちは、しゃべった内容や雰囲気で判断するくらいカスですが、理解というのは繰り返される歴史と、実際に何をやっているかの観察によってもたらされるのです。米国民の61%がオバマは嘘をつくと考え、ワシントンの軍事専門家の多くは「ウクライナの次に危ないのは日本」だと述べています。

アメリカは常に人を殺しものを奪い嘘をつき貪り、自分を正義と名乗り相手を悪に仕立て上げながら、雄弁にものを語り戦争を作っていく国家です。彼らに反省などという言葉は存在しません。レンドマン氏は「オバマ大統領の国家安全保障政策は、ブッシュ氏がとったまさにその政策に基づいている」と語り、ました。さらに、「オバマ大統領が広島を訪問し、アメリカの平和と安定の責務を示すという構想は、合衆国の政策とは真逆のものだ」と述べています。

アメリカ・ホワイトハウスのアーネスト報道官が、「アメリカ大統領の広島訪問は原爆投下の謝罪を意味しない」とし、「オバマ大統領は、1945年の核攻撃は正当な理由で行われたと考えている」とし、「オバマ統領は、トルーマン大統領(偽ユダヤ系の有名な優生学者)が正当な理由で原爆の使用を決定した。それは恐ろしい戦争を終わらせるためだったと考えている」と述べています。

こんなもの全部嘘なのはちょっと調べればわかることですが、問題はこんな初歩的な詐欺にころっとひっかかり、ハグがスバラシイだの17分のクソスピーチがどうだの、どこまで頭悪いんでしょうかという感じです。彼らが広島に来たのは、謝罪どころか来たことに意味があるなんてものではなく、もっと深い別の別の日本人をもっと貪り滅殺する、ちゃんとした理由があるのです。

次のメルマガはこの手の話かもしれません。
http://realtalkmail.com/

 


【facebook】
●田上美由紀(たみ)
https://m.facebook.com/miyuki.tagami.3?fref=nf
フォロー、うれしいです

●フリースクール木のねっこ
https://m.facebook.com/kinonekkoschool
●木のねっこ高等学院
https://m.facebook.com/kinonekkohigh/
ぜひ「いいね!」をお願いします

【フリースクール木のねっこブログ】
http://kinonekko.info/category/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

必要な人の目にとまるといいな
ぜひクリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもり育児 ブログランキングへ

投稿者: たみ

1979年生まれ。広島県出身、広島市在住。作業療法士。 身体障害者療護施設、在宅介護支援センター、高齢者デイサービス、特別養護老人ホーム、児童デイサービスに勤務。 結婚を機に退職し、しばらく育児に専念。 夫、長女、次女、長男の5人家族となる。 友人からの情報で自然育児に興味を持ち、次女は森のようちえんに通園。長男は家族に見守られながら自宅でお産。 長女が学校へ行くのを拒否したことをきっかけに、教育や学びの環境について勉強し、子の通う森のようちえんで出会ったお母さん同士でフリースクールを設立。 現在、3人の子どもはフリースクールへ通っている。 好きなことは、イラストを描くこと、旅行、自然の中にいること。おいしいものを食べること。

コメントを残す