目に映るもの、すべて

久々ブログ。

 

最近は、わたしの目の前にいる人、あるもの、周りの世界、景色、すべてがわたしを映し出しているもので

だからこそ、責任もって、目の前のことにじっくり取り組まないといけないんだなと感じています。

 

そうやって、目に映るものを見ていると、なんと、たくさんの人に支えられ、たくさんのものやことに支えられ、生きているのだと、今さらながらきづくことが山盛りで。

 

ただただ、ありがたいことだ、愛をたくさん受けていて、すごくうれしいことだ、と

心がじわっとあたたかく、あつくなるのです。

 

段取り、優先順位をつけること

そして1番は人とのコミュニケーションが全くもってできてないわたしにとって

修行ですが

それでもまわりに人がいてくれることは、とても励みになります。

 

今まで見るのを避けていた分、

今まで聞くのを避けていた分、

今まで関わっていくのを避けていた分、

 

じっくりやっていきたいです。

 

投稿者: たみ

1979年生まれ。広島県出身、広島市在住。作業療法士。 身体障害者療護施設、在宅介護支援センター、高齢者デイサービス、特別養護老人ホーム、児童デイサービスに勤務。 結婚を機に退職し、しばらく育児に専念。 夫、長女、次女、長男の5人家族となる。 友人からの情報で自然育児に興味を持ち、次女は森のようちえんに通園。長男は家族に見守られながら自宅でお産。 長女が学校へ行くのを拒否したことをきっかけに、教育や学びの環境について勉強し、子の通う森のようちえんで出会ったお母さん同士でフリースクールを設立。 現在、3人の子どもはフリースクールへ通っている。 好きなことは、イラストを描くこと、旅行、自然の中にいること。おいしいものを食べること。

コメントを残す