目に映るもの、すべて

久々ブログ。

 

最近は、わたしの目の前にいる人、あるもの、周りの世界、景色、すべてがわたしを映し出しているもので

だからこそ、責任もって、目の前のことにじっくり取り組まないといけないんだなと感じています。

 

そうやって、目に映るものを見ていると、なんと、たくさんの人に支えられ、たくさんのものやことに支えられ、生きているのだと、今さらながらきづくことが山盛りで。

 

ただただ、ありがたいことだ、愛をたくさん受けていて、すごくうれしいことだ、と

心がじわっとあたたかく、あつくなるのです。

 

段取り、優先順位をつけること

そして1番は人とのコミュニケーションが全くもってできてないわたしにとって

修行ですが

それでもまわりに人がいてくれることは、とても励みになります。

 

今まで見るのを避けていた分、

今まで聞くのを避けていた分、

今まで関わっていくのを避けていた分、

 

じっくりやっていきたいです。

 

合宿まえに

さて、今日から芸北で合宿。

田んぼ、古民家、静かな山々。

とても理想的な場所、わたしにとって.

 

 

そんな場所で過ごす3日間。多分、心の中のものをじっくり見つめる3日間になると思う。

 

洗いざらい。

 

きれいな川もあるし、心もどんな変化あるかな。

 

たのしみ

選挙のあとに 一考

選挙結果をみて、

いろんな感情がふつふつと沸き起こったけど

 

ああ、この政界は、正に今の日本の縮図。

 

そうなんだとはっきり思い知らされた。

 

わかりにくい政治をわかりやすく伝えようとしてくれる、心ある人々。

 

わたしもこどもらに対し、偏らず、しかし、正直なきもちや、隠されていることについても、語っていきたいなと思う。

Dえもんのたとえ話。無関心がこわい、わたし。

Dえもんの話に例えて、わかりやすい。

↓↓

http://tencherry.net/wp/2016/07/08/d%e3%81%88%e3%82%82%e3%82%93%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%82%bf%e7%ac%91%e5%85%ac%e9%96%8b%ef%bc%81%ef%bc%81%ef%bc%81/

自分のことばで表現する自由、
それを受け取る人の、受け取り方の自由。

そんな自由があるのも、憲法に守られているから。

5年前に出会った憲法の本を読んで、わたしは憲法のもつ意味や深さを知りました。そして、それに守られていること。こんなに平和な憲法は世界にもほかにないこと。

憲法の話、選挙の話が
みんなで当たり前にできる世の中になってほしいなと思っています。

無関心が一番こわい。

無関心だったわたしは、今、そう思う。

言いたいことも言えない世の中にしたくない!今、わたしがやりたいこと

もう、このまんまじゃ

表現の自由もなくなって

 

言いたいことも言えない世の中になっちゃうな。

 

やれ、世間体だのをきにして、

上っ面だけで勝手に決めつけて、

見えない部分に無関心。

 

だから、好き放題やられちゃうのよ。知らないとこで。

 

過激だねーなんて、のんきなこと言ってたら、

もうきづけば遅くて、過激すぎる世の中に、身動き取れずにやられてしまうよ。

 

わたしが声に出したところで、なんも変わらないとか、人はどんどん離れていくとか、もうどーにでもなればいいさと、投げやりになりそうな時

 

ほら、そこに、子どもたちがいてね、

やっぱり、やれるだけは、やりたいのさ。

 

雨ニモ風ニモ雪ニモ夏の暑さニモ弱い、あんまり丈夫じゃないカラダなんですが。

動けることに感謝して、動いてみる。そして、寝む時には大地や空の自然を感じていたいなぁ。

 

結局何が言いたかったんだっけ??

 

自分アピール、オレはね、ワタシはね、こうなんだよ、こう思うんだよ!!わたしの好きにやりたいの!!

って、勢いにちょっと疲れた。

 

なんでって、自分、自分なんだよ。

 

ちょっと、ちょっと。

子どものいまや未来、ほっておいて

そりゃないよ。

 

こんな世にした、責任果たして、

未来のこどもたちに残すものに

もっと向き合わないと!!!

 

ちょっと、モヤっとモヤっとが続いたので。

まとまらない文章ですが、今のキモチ。