宮沢賢治さんと 恋人ヤスさん

398757C2-9173-46E7-82A9-7EBC5B92A8BA

宮沢賢治さんの著書は

少し少し

気の向く時に読んでいましたが

 

妹トシさんへの

恋しい愛しい想いが、そんなにも

向けられているのかなぁと

なんかもやもやとしたまんま、

その気持ちは忘れておりました。

 

そしたら、こんな本に出会って

398757C2-9173-46E7-82A9-7EBC5B92A8BA

『宮沢賢治 愛のうた』

読んでいくうちに、ああ、よかった。

そうか、そうか。

 

という風に、わたしの中で

やっともやもやが晴れて、

落ち着きました。

 

全てが真実かはわかりませんが、

恋人ヤスさんの存在、

宮沢賢治さんの

声にならない声が

わたしの中へ届いた気がして

 

わたしは、安心しきったのです。

8DE8ED35-9B31-46EB-876E-FA9F19B8BB24 E9A80D91-0E65-4309-8D15-7B7D5ABD1699 044A3CB3-B282-4154-A62B-6F51770B9235

宮沢賢治さんと、ヤスさん。

今ごろどこかで、結ばれてますように。

 

封印が時を越えて解けた。

それが、

今、なんだなと

感慨深いです。

 

投稿者: たみ

1979年生まれ。広島県出身、広島市在住。作業療法士。 身体障害者療護施設、在宅介護支援センター、高齢者デイサービス、特別養護老人ホーム、児童デイサービスに勤務。 結婚を機に退職し、しばらく育児に専念。 夫、長女、次女、長男の5人家族となる。 友人からの情報で自然育児に興味を持ち、次女は森のようちえんに通園。長男は家族に見守られながら自宅でお産。 長女が学校へ行くのを拒否したことをきっかけに、教育や学びの環境について勉強し、子の通う森のようちえんで出会ったお母さん同士でフリースクールを設立。 現在、3人の子どもはフリースクールへ通っている。 好きなことは、イラストを描くこと、旅行、自然の中にいること。おいしいものを食べること。